見出し画像

復職が決まりました、というご報告とご支援くださった皆様へ

以前、こんなこと書いてました。

お陰様で内定をいただきました。お声がけいただいた皆様、本当にありがとうございました。こんな自分の病状を承知でお声がけいただけるだなんて恐縮の極みでございました。内定をいただいた会社には自分の病状が安定するまであたたく見守っていただき、本当に感謝しかありません。

そう思えるようになってしばらく時間が経っていました。しかし、そう思ってから復職可能になるまで、またしばらくかかってしまうのですね。

ともあれ目処はほぼ立ったというところです。色々と皆さんにはご心配をおかけしました。

そして、産業医面談を済ませて帰宅したら社保から封筒が届いており、つい先日1月分を支払ったばかりなので月末払いだと思っていた保険料(介護保険込)をすぐに払えと・・・社保に電話したところ

スクリーンショット 2020-02-10 12.44.34

で、ダメ元で転職先にお願いしてみたら…

ということで本当に助かりました…ありがたき…

今回、お世話になった方々

各方面より沢山ご支援いただきました。インターネッツって本当にすごいんです。こんなに公開でSOSを発している人もそうはいないと思うんですけど…(なんか本当にすいません)

オンライン飲み舞い#1

年末の入院直前に西荻のお友達のそーさんが企画してくださいました。普段のエンジニア界隈の飲み仲間の皆様に感謝です。

西荻ぷれま

また、そーさんたちが活動している「西荻ぷれま」の皆さんにも色々とお世話になりました。重ねてお礼申し上げます。

いくつか生活用品を西荻ぷれまで調達させていただきました。100円でした。本当に助かりました。


入院中にご支援くださった皆様

Amazonウィッシュリスト等からご支援くださいました。ありがとうございました。

noteで投げ銭してくださった皆様

敢えてお名前は書きませんが本当にありがとうございました。

個人で直接支援してくださった方

お一人様だけいらっしゃいました。

今を乗り越えて余裕が出たときに他の人を助けてもらえれば少なくともプラマイゼロだと思います

とだけおっしゃってご支援くださいました。お気持ちは以下な感じです。本当に助かりました。ありがとうございました。

その他、ご支援くださった皆様

マジ便利っすこれ。ありがとうございました。

なんとかここまで復調できそうになれたのも、皆様のお陰です。本当にありがとうございました。まだまだこれからですが、気張って"やっていき"たいと思います。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

Cloud Architect/Consultant @ Tokyo

えっ、そんなに良かった?
6
難治性喘息・脊柱管狭窄症(椎間板ヘルニア)・便意と戦う技術系おっさん。技術系はQiitaとかに書いてます。 https://qiita.com/tokifuji

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。