見出し画像

喘息的快適ベッドを求める旅2018~2019

私は難治性喘息です。とりあえずありとあらゆるものがトリガーになって発作になってしまうので日々トリガーを減らすことと毎晩快適に眠ることを追求しています。今日のお話は毎晩快適に眠ることについてです。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、喘息発作が起こってしまうととにかく眠れません。私の場合はハウスダスト(ダニ)がアレルゲンですので、とりあえずキャンプ用のベットを買って思い切って敷布団を廃止して半年ほど運用してみました。

サムネで寝そべっているお姉さんはスリムですが、当時90Kg強あった自分が利用したところ半年で布の縫い目が解れて(縫製の質が悪い)、フレームの収納時の可動箇所やパイプも歪んだりしてしまい、布については自分が2~3度縫い直したりもしたのですが、フレームはどうしようもなく壊れてしまいました。また、布もパラシュート素材のはず?なのに伸びてしまい、眠っていると背中にフレームが当たって寝返りを打つと「イテテッ」という感じになりました。もう、これはあかんなと。それと喘息発作の数は減ったのですが、喘息発作になった時に平らだとあまりよろしくないなというところも課題として残りました。

喘息発作の時は特に平らなベッド・布団で寝ると咳が止まらなくなります。しかし、上体を起こすことで多少改善されるというのも事実です。ですので夜中にソファや椅子に座って毛布に包まって眠ったりと色々と苦労が絶えません。というか眠れた気になれないし、朝はフルマラソン走った後か?ってくらいに体力を消耗しきっています。

キャンプ用ベッドも壊れてしまいましたし、そろそろ違う試みを試そうと思いました。それはハンモックです。個人的にプレーパークでもお馴染みのアレですが笑 とりあえず手始めに手頃な価格のもので試してみることにしました。

本当に欲しかったのは以下ですが、ハンモック運用が抜群で、かつ↑が壊れたらまた検討します笑(それと、サイズ的に置けないかも・・・)

さて、早速設置して寝てみたのですが床が近すぎてめちゃくちゃ寒い・・・これでは眠れない・・・ということなので近所の島忠でアレやこれやを買って下駄を履かせてみました。(ちょっと斜めってるのは直しました)

ところがしばらく運用してみると下駄の固定部が安定せずあまりうまく行きませんでした・・・

(白いプラスチックのところは回すと高さ調整できていい感じだったんですけどね・・・別のディア◯ォール的な時に使うことにします)

そこで使っていないコタツがあることに目をつけました。そいつを使って下駄にできないか?と思いました。ということですので早速やってみましょう。例の如く島忠にまた走りました。

オマケ機能としてコタツのヒーターで下から温めることも可能となっております。多分、使いませんが笑 今、こんな感じでこのブログを快適に書いております。今の所いい感じです。

そして旧ベッドは分別のために分解されたのでした。

そんじゃまた 🖖

その後のリファクタリング状況

廃人テーブルを改良

廃人テーブルのステイ(余ったカーテンレール)の強度を増強(1本→2本)。

Yahoo!ショッピングで購入したハンモック用シュラフが到着。めっちゃ暖かいというか暑いw

ハンモックの高さ調整しまくってたら廃人テーブルの高さと合わなくなってしまった。共依存するのヨクナイ!!!

コタツによる下駄を廃止、そして廃人テーブルを下にリポジショニングした。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

テモナ株式会社でSenior Developerをやっています。

えっ、そんなに良かった?
2

不死身のトキモト

喘息・椎間板ヘルニア・便意と戦う技術系おっさん。技術系はQiitaとかに書いてます。 https://qiita.com/tokifuji
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。