スクリーンショット_2019-11-18_12

GASからSlackのincoming-webhooksを利用して任意のchannelに投稿する

早速連携を書いてみましょう。王道中の王道とも言えますがSlackの任意のChannelにGASから書き込んでみましょう。

Slack側での準備

この記事では「時藤家」というWorkspaceに gas_test というChannelを作ってそこにGASから投稿させます。ご自身はご自身の任意のWorkspace及びChannelに置き換えてお考えください。

Channelにincoming-webhooksを追加する

GASに投稿させるChannelに入り + Add an app をクリックする。

スクリーンショット 2019-11-18 10.19.01

※ 著者のSlackはLocaleが英語です。すいません。

App Directoryのページに遷移するので incoming で検索すると候補に incoming-webhooks が出てくると思うので View をクリックする。

スクリーンショット 2019-11-18 10.21.10

Appの設定をしてください。主に以下の項目を設定してください。

1. Post to Channel
    - プルダウンから先ほど作成した gas_test を選択
2. Webhook URL
    - あとでGASで使うのでコピーしておいてください
3. Customize Name
    - Bot名称。任意でわかりやすいものに変更
4. Customize Icon
    - 任意で画像をアップロードして登録するか、Slackに絵文字登録している物を選択

最後に Save Settings をクリックして保存します。incoming-webhooksに登録されているアプリ一覧にいればOKです。

スクリーンショット 2019-11-18 10.39.51

あとChannelにもこんなふうに出ていると思います。

スクリーンショット 2019-11-18 10.45.52

GASから投稿してみる

作成したGASプロジェクトにスクリプトプロパティを登録します。手順はこちらをご覧ください。登録するスクリプトプロパティは以下です。

1. プロパティ:url
2. 値:Slackのincoming-webhooksのURL

スクリーンショット 2019-11-18 10.51.36

そして以下のようなコードを用意します。

function test() {
 post2slack("ハロー");
}

function post2slack(message){
 var jsonData = {
   "text" : message
 };
 var payload = JSON.stringify(jsonData);
 var options = {
   "method" : "post",
   "contentType" : "application/json",
   "payload" : payload
 };
 UrlFetchApp.fetch(PropertiesService.getScriptProperties().getProperty("url"), options);
}

このコードでは test というメソッドから post2slack というメソッドに対して "ハロー" というメッセージを渡してSlackに投稿させています。このコードを コード.gs に書いて保存してください。

では、 test メソッドを実行してみます。

スクリーンショット 2019-11-18 12.24.31

GASの認証確認

GASは内部・外部問わず何らかのリソース(資産)にアクセスする際にユーザーにとって不本意である場合は不利益になってしまうため、実行の確認を行います。今回も特例なく外部サービスに接続することを許可してください。

Slackの実行結果確認

スクリーンショット 2019-11-18 12.26.21

まとめ

Slackは便利ですね。色んな課題を解決(処理)する中で最終的な通知先として利用されることが多いと思います。GASで何かをして、最後にSlackに通知したいといったことがあると思います。その時にこれを応用してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

Cloud Architect/Consultant @ Tokyo

もっとやって///
2
難治性喘息・脊柱管狭窄症(椎間板ヘルニア)・便意と戦う技術系おっさん。技術系はQiitaとかに書いてます。 https://qiita.com/tokifuji
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。